<< トップページに戻る

自分はどの傷だろう?

外科処置後の再縫合

事故やケガをした際、外科による縫合はあくまで傷口をふさぐ、止血するためにおこなわれます。一方、形成外科の外傷に対する縫合は、組織の再生と機能の回復に加え、いかに傷口を目立たなくするかに重点がおかれます。縫合を見ればその違いは一目瞭然です。このページでは、外科での縫合後に傷跡が残ることを懸念し、当院の再縫合を希望された症例をご紹介します。

◆ 症例写真

case1事故による外傷で外科(他科)の処置を受けた例

施術前(正面)写真
施術前(段差あり)写真

施術前(段差あり)写真

Before(正面)

Before
(段差あり)

After(再縫合)

サーフィン中のサーフボードによる裂傷で、救急病院を受診し、止血目的で荒く縫合した状態。右の写真では縫合部の段差が目立ちます。当院で再縫合しました。 真皮縫合を行い、段差を改善させ、さらに細かく表皮縫合を行いました。

~この症例の経過~

真皮縫合

施術後
当院での再縫合(直後)
抜糸後のテープ保護

抜糸後は肌色のテープを貼り、3日に1回のペースで貼り替えます。

2週間後

2カ月後
2週間後
2カ月後

術後2週間ではまだ赤みが見られます。2カ月後では赤みも引いて目立たなくなりました。

◆リスク・副作用・合併症

【縫合による傷跡修正】
内出血、腫脹、感染、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

case2事故による外傷で外科(他科)の処置を受けた例

施術前

施術後
Before
【他院(外科)での縫合】
After
【当院での再縫合直後】

症例は、裂傷後に近医の外科で縫合処置を受診しました。表皮の壊死(黒い部分)を認めます。当院で壊死した部分を除去し再縫合しました。真皮縫合を行い、さらに細かく表皮縫合を行いました。

~この症例の経過~

表皮の壊死
懐死した部分の除去
懐死した部分の除去
表皮の壊死
壊死部分の除去
除去した表皮
施術後

施術後
当院での再縫合(直後)
4年9カ月半経過
施術後
施術後
4年9カ月半経過
(通常の状態)
4年9カ月半経過
(眉毛を上げた状態)

当院での再縫合後、4年9カ月半が経過した傷跡の状態です。傷跡が目立たなくなっています。眉毛を挙げた状態でも傷跡は目立っていません。

◆リスク・副作用・合併症

【縫合による傷跡修正】
内出血、腫脹、感染、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

※ヒルズ美容クリニックWEBサイト及び関連WEBサイトに掲載されている症例写真は、当院の患者様のご厚意により掲載許可を得ています。当サイトの写真・イラスト・文章等の無断転載・引用・使用を禁じます。