<< トップページに戻る

自分はどの傷だろう?

凹んだ傷跡

凹んだ傷跡の断面図
水疱瘡が凹んだ傷跡になった例

凹んだ皮膚の断面

水疱瘡が凹んだ傷跡になった例

傷跡修正の中で意外と多い症例が、ニキビや水疱瘡の跡や、黒子などを切除した後に出来る『皮膚の凹み』です。このような陥没変形は、皮膚表面だけでなく皮下もダメージをおっており、いわばモグラの巣のような状態で、地盤沈下を起こしています。柱がない状態に屋根が乗っかっているイメージです。このような状態ではヒアルロン酸注射やレーザー治療などは効果はありません。
では、どうすればいいのでしょうか?
皮下の組織ダメージが少なければ、単純に縫合して問題ありませんが、凹みがひどかったり、見た目以上に皮下の組織ダメージがひどければ、単純に縫合しても柱がないために再陥没してしまいます。
このような場合は、耳介軟骨(じかいなんこつ)を移植する方法がベストでしょう。耳介軟骨は柔らかく、組織への適合性もあり非常に重宝します。

・『耳介軟骨移植』>>>詳しく見る

◆ 毛穴の開いている部分での黒子切除の注意点

鼻尖や頬は皮脂がたくさん出ますし、毛穴が開くところです。この部分の傷は綺麗になる場合と凹んだ状態で治ってしまう場合があります。鼻尖や頬は先に述べたように皮脂がたくさんでるため湿潤環境になりやすく、通常は綺麗に治りやすい部位です。(※湿潤環境は傷が綺麗に治るための絶対条件)
一方で凹んだ状態で治ってしまうケースはどのような場合なのかといえば、鼻尖や頬の毛穴が大きく開き、それが数多く見られる場合に凹むことが多いようです。このような部位で手術を行う際に、特に注意が必要になります。というのも鼻尖や頬の黒子ができたり、鼻尖や頬の凹んだ傷を修正する場合にメスを入れてその部分を切除します。
※以下のイラストは黒子を切除する際に気をつけることを表した図です。

一方で『毛穴でないところ』で切除する(イラスト右)と、凹む可能性は低くなります。(※ただし毛穴が密な場合はこのように注意しても凹むリスクは増える可能性あり)。つまり毛穴の開きが目立つような部分で、黒子を切除したり、凹んだ傷を修正したりする場合は、凹む可能性があるということを患者様にはしっかりと説明し、ご理解いただいた上で手術をおこなっています。
あわせて、毛穴部分の傷が修復されていく経過も述べておきます。縫合直後は傷はとても綺麗になりますが、 抜糸すると先に述べた皮脂の影響か、傷はジュクジュクしてくることが多いです。 このような場合は湿潤環境にして『待つ』しかありません。湿潤環境にしておけば次第に落ち着いてきます。 この時期に焦って再縫合を行っても、同じことの繰り返しになるので安易におこなってはいけません。

◆ 症例写真

case1凹んだ傷跡(左目尻の陥凹性瘢痕)の修正

施術前

1年後
Before
After(1年後)

左目尻に広範囲の陥凹した傷跡を認めます。傷ができた原因は、吹き出物が悪化し生じたものです。エステティックユニット(皮膚のしわ)に沿ってデザインし、傷跡修正(瘢痕拘縮形成術)を行いました。術後1年ですがほとんど目立たなくなりました。

◆リスク・副作用・合併症

【縫合による傷跡修正】
内出血、腫脹、感染、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

case2水疱瘡により凹んだ傷跡(眉間部の陥凹性瘢痕)の修正 :耳介軟骨移植

施術前
施術前閉瞼

Before

Before
(眉間にしわを寄せた状態)

眉間部に丸く凹んだ傷跡を認めます。水疱瘡が原因で組織が破壊され凹みました。このような場合は、失った組織を補充する目的で耳介軟骨を移植します。

~この症例の経過~

施術後
施術後

採取する耳甲介の軟骨は耳の後ろから採取します。軟骨を移植し脂肪弁でカバーします。

before
5カ月後
before
(眉寄せ)
5カ月後
(眉寄せ)

before
1カ月後
5カ月後

術後1カ月で陥凹はほぼ改善され、術後5カ月では傷跡も目立たなくなりました。

耳甲介の軟骨を採取しましたが、耳の変形を認めません。また傷跡も目立ちません。

◆リスク・副作用・合併症

【傷跡修正+耳介軟骨移植術】
内出血、腫脹、感染、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面・耳甲介(耳珠)に傷跡ができる、耳介の感覚鈍磨、疼痛、耳甲介もしくは耳珠の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

case3
ニキビ跡(左頬の陥凹性瘢痕)の修正 :耳介軟骨移植/身体醜形障害(BDD)

施術前
施術前閉瞼

Before

Before(「い~」の状態)

左頬の皮膚に凹みがありますが、第三者からみたらさほど目立ちません。しかしご本人はとても気にされていて、毎日鏡を見て傷の確認をすること(確認行動)などから身体醜形障害(BDD)が疑われました。凹みの原因はニキビ跡です。光の当たり具合ではお化粧で隠せず目立っていました。また「い~」をすると周囲の組織が引っ張られ余計に凹みました。複数回のカウンセリングを行い、耳介軟骨移植を選択しました。

~この症例の経過~

採取する耳甲介の軟骨は耳の後ろから採取します。軟骨を移植し脂肪弁でカバーします。

before
4カ月後
1年後

術後4カ月後には凹みが改善され、線状の傷を認めます。しかし、1年経過するとほとんど目立ちません。

耳介軟骨採取 耳介軟骨移植

耳甲介の軟骨を採取しましたが、耳の変形を認めません。また傷跡も目立ちません。

◆リスク・副作用・合併症

【傷跡修正+耳介軟骨移植術】
内出血、腫脹、感染、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面・耳甲介(耳珠)に傷跡ができる、耳介の感覚鈍磨、疼痛、耳甲介もしくは耳珠の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

case4
黒子除去後に凹んだ傷跡(下顎部の陥凹性瘢痕)の修正 :耳介軟骨移植/身体醜形障害(BDD)

施術前

Before

After(1年後)

顎にあった黒子を他院で除去し凹んだ症例です。第三者からは「気にしなくていい」と言われましたが、一日に何度も鏡をみるなど繰り返し行動を行っていました。身体醜形障害(BDD)が疑われました。複数回のカウンセリングを行い、耳介軟骨移植を選択しました。

~この症例の経過~

耳介軟骨採取 耳介軟骨挿入
採取する耳甲介の軟骨は耳の後ろから採取します。軟骨を移植し脂肪弁でカバーします。

術後4カ月後には凹みが改善され、線状の傷を認めます。しかし、1年経過するとほとんど目立ちません。

before
3週間後
1カ月後
1年後

術後3週間はまだ赤く、従来のテープ固定だけでなくトラニラスト(傷の赤みを改善する内服薬)を処方しました。術後1カ月では赤みと凹みはほぼ改善されています。術後1年経過するとほとんど目立ちません。

◆リスク・副作用・合併症

【傷跡修正+耳介軟骨移植術】
内出血、腫脹、感染、傷の哆開(しかい;傷が開く)、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また軟骨採取部は耳介後面・耳甲介(耳珠)に傷跡ができる、耳介の感覚鈍磨、疼痛、耳甲介もしくは耳珠の変形などが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

ヒルズ美容クリニックの症例写真をもっと見る

※ヒルズ美容クリニックWEBサイト及び関連WEBサイトに掲載されている症例写真は、当院の患者様のご厚意により掲載許可を得ています。当サイトの写真・イラスト・文章等の無断転載・引用・使用を禁じます。