院長丸山成一

形成外科とそこに携わる医師

形成外科では、赤ちゃんから大人まで幅広い年齢層に渡って治療をおこないます。小児の口唇口蓋裂や小耳症などの先天異常に対する治療、事故など外的要因が加わり損傷した組織などの修復、またレーザー治療やたるみ取りといった美容外科など、形成外科医が担当する分野は多岐にわたります。特に修復や再建に携わる形成外科医は、失った形態や機能をできるだけ『元の状態に復元する』宮大工のようなプロフェッショナルな作業を日々行っています。
また、技術面だけでなく、リストカットなどの自傷行為、身体醜形障害などの精神面のケアも行っているのです。今回様々な傷を修復する過程や症例を公開することで、より多くの皆様に形成外科、特に修復や再建を行う医師がいることを知って頂きたく思います。

ヒルズ美容クリニック院長 丸山 成一

自分はどの傷だろう?

事故やケガなどにより外科で手術を受け、ラフに縫合された傷の再縫合をおこないます。

ニキビや水ぼうそうなどの跡が凹んで目立ってしまっているケースの修正をおこないます。

過去に他院で縫合した傷が表情筋の運動により引きつれをおこしているケースの縫い直し。

リストカットなどの自傷行為による傷跡を、目立たないように修正します。

一般的な火傷から根性焼きの熱傷後瘢痕、酸やアルカリによる熱傷など様々な火傷の跡を修正します。

美容目的で、過去に他院処置をおこなった場合の再修正(他院修正)をおこなっています。

もっと知りたい

美容治療のご相談について

傷跡修正・他院修正・異物除去の他に美容治療を各種行っております。お気軽にご相談ください。
その他美容治療に関しては当院公式サイトをご覧ください。

★ヒルズ美容クリニック 公式サイト
https://www.hills-beauty.com/