<< トップページに戻る

もっと知りたい

本当にケロイド体質? 赤いミミズ腫れの傷

もともとの傷の範囲を超えて、赤みと盛り上がりが周りの皮膚に広がっていく特徴がある。

患部が赤く盛り上がるが、ケロイドとは異なりもとの傷の範囲を超えることはない。

傷が赤くふくらみ、「ミミズ腫れ」のように見えると、ほとんどの人は「ケロイド」と思ってしまいます。しかし、そうではない場合が多々あります。
特に傷の初期の段階は赤くミミズ腫れのようになり“ケロイドのように”見えます。
実はこの状態を『肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)』といいます。多くの方はこれをケロイドだと判断し、自分はケロイド体質だと思ってしまい、適切な治療が出来ないことがあります。肥厚性瘢痕は3~6カ月でふくらみが取れ、赤みも引き、平らになりますのであまり心配しなくても大丈夫です。
一方で、ケロイドには良く出来る部位(好発部位)があり、耳、胸、下腹部、肩、上腕に出来やすく、顔面にできることはまずありません。
また悪性腫瘍のように傷や縫合創の範囲を超えてドンドン広がっていきます。ケロイド治療は圧迫療法やステロイド注射で増殖や痛みを抑える。また手術して放射線を組み合わせるなどの方法があります。

※ヒルズ美容クリニックWEBサイト及び関連WEBサイトに掲載されている症例写真は、当院の患者様のご厚意により掲載許可を得ています。当サイトの写真・イラスト・文章等の無断転載・引用・使用を禁じます。