神奈川県藤沢市の形成外科・美容外科・美容皮膚科 ヒルズ美容クリニック|形成外科専門医、美容外科専門医、レーザー専門医・指導医が治療|怪我による傷跡・ニキビ跡・水疱瘡跡・リストカット跡などあらゆる傷跡のお悩み、身体醜形障害でお悩みの方に、傷跡修正の情報サイト

ホーム

お問合せ

自分はどの傷だろう?

もっと知りたい

Information

ホーム > よくある質問

Information

よくある質問

ケロイド体質でも治療を受けられますか?

まず本当にケロイド体質かどうか見極める必要があります。赤く盛り上がってミミズ腫れのようになっている傷がすべてケロイドではありません。ケロイドは傷の範囲を超えてどんどん広がっていきます。また肩や下腹部胸など好発部位がありますので、自分でケロイド体質かどうか診断するのではなく、まず専門の医師に確認しましょう。たとえケロイドでもその対応を誤らなければ“ケロイド体質”でも治療は受けられます。

レーザーやヒアルロン酸でも傷跡は治せますか?

現在の医療では、傷跡に対してレーザー治療を行っても傷を消すことは難しいと思ってよいでしょう。また凹んだ傷やニキビ跡だからといってヒアルロン酸を注入してもよくなりません。傷跡は基本的に手術(再縫合やZ形成術、W形成術など)を行ったほうが綺麗になります。

帝王切開の傷跡を治したいのですが、きれいになりますか?

帝王切開の跡が“ケロイド”になっていれば、ケナコルト(ステロイド注射)もしくは手術してその後に軽い放射線療法が最も効果的です。また帝王切開の跡が“肥厚性瘢痕”であれば手術(Z形成術)が最も効果的です。

傷口が膿んできたのですが、どうしたらよいでしょうか?

傷口を洗いガーゼで保護するなどして担当医にご相談ください。また形成外科で縫合し、その後化膿した場合は形成外科で行う“真皮縫合”(傷をきれいにするために皮下に埋め込む糸)が原因なこともあり、その場合は糸を抜糸すれば化膿がおさまり綺麗になります。

傷を負ってから、どの位で治療を受けられますか?

最低3か月はあけて下さい。また縫合した傷が汚ければ数日以内に再縫合することをおススメします。

どのくらいで赤みが引き、腫れなどいつ落ち着きますか?

赤みは3~6ヶ月程度かけて引いていきます。傷跡修正後に腫れることはありませんが、傷自体が“肥厚性瘢痕”といって傷が肥厚(ふくらむ)することもありますが、これも3~6ヶ月かけて平らになっていきます。平らになるまでに時間がかかる場合は、スポンジで圧迫を行う場合もあります。

未成年でも治療できますか?

診察はできますが、実際に治療を行う場合は親の同意が必要になります。

リストカットの跡を完全に消すことは可能ですか?

完全に消すことはできませんが、“リストカットの跡”から“リストカットの跡のように見えない傷”に変えてしまうことは可能です。そのような手術にはZ形成術、皮弁作成、植皮術などがあります。

火傷を負って、皮が剥がれてしまったのですが治りますか?

皮膚が再生するかどうかは火傷の深さによります。火傷が深くなければ再生します。火傷の深さはⅠ度~Ⅲ度まであり、数字が大きくなれば深さは深くなります。一つの目安は水泡ができるかできないかです。水泡ができていれば深い可能性があり、水泡を破ってはいけません。皮膚が剥がれることを意味します。水泡は水泡の下に皮膚が再生されれば自然に剥がれますからガーゼなどで保護しておきましょう。火傷を負ったらすぐに水で長時間冷やすことが重要です。

手術は全身麻酔でしょうか?

傷の範囲によって異なりますが、原則は局所麻酔での治療が可能です。

費用はどのくらいかかりますか?保険は適用しますか?

費用は長さや部位によって異なりますので、直接クリニックにお電話されるか、料金表で確認して下さい。美容外科では傷を綺麗にすることが目的ですので、保険は適応されません。

本当に院長に手術してもらえますか?

大学病院や大きな総合病院だと未熟な医師が訓練のために行うことがありますが、個人美容外科は原則院長が行います。

形成外科の専門医だと何が違うのですか?

形成外科の専門医は、そもそも様々な手術をたくさんこなさないと日本形成外科学会(http://www.jsprs.or.jp/)から認定されません。たくさんの症例をこなしてきているからこそ、特に縫合技術が優れており“傷を綺麗にすること”に長けているわけです。

手術後のサポートはしてもらえますか?

傷の経過は最低3~6ヶ月はフォローすることが普通です。その後は年単位で傷の経過をみていく場合もあります。

問合せ メール相談はこちら

▲ページ上部へ戻る▲