<< トップページに戻る

自分はどの傷だろう?

リストカットの傷跡

リストカットとは、主に手首や腕にカミソリやカッターナイフなど刃物で切り傷をつける自傷行為です。
「リスカ」とも呼ばれます。その切り傷は数本もあれば、数十本になる場合もあります。血が出るところまで傷をつけるため、必ず傷跡(白い傷や赤い傷)として残ります。
レーザーなどでは消えないため、W形成術や植皮術などをおこない『リストカットに見えない傷跡』に変換することが重要です。何故ならリストカットの傷をそのまま綺麗に縫い直しても、そこに(綺麗になったとは言っても)同じ平行な傷ができるだけで、リストカットしたことを隠すことができないからです。
また自傷行為は繰り返すことが多く、まずは感情のコントロールをおこない、二度とリストカットをしないことが確認されてから手術をおこなうのが良いでしょう。

◆ 症例写真

case1リストカットの傷跡(右前腕線状瘢痕)の修正:別の傷跡に変える

施術前

2年7カ月後

Before

After(2年7カ月後)

右前腕に複数のリストカットの傷跡を認めます。社会生活を営む上で消す必要性を感じ治療を希望した症例です。
治療の目的はリストカットの傷のように見えなくすることです。リストカットの傷は、一直線に切るため直線状の傷跡が何本もできます。そのため傷跡を単純に縫合しても一本の直線となり、リストカットの傷と変わりません。そのためその直線の傷をW形成術によりジグザグの傷にかえてしまいます。なお傷が近くに複数ある場合は、必ず一本ずつ行います。これは修正した傷がお互いに引っ張りあうために、結果的に傷の幅が広がってしまうためです。
※広範囲にリストカットの傷がある場合は、すべて取り除き植皮術を行います。

~この症例の経過~

before
before(修正する傷)
before(ジグザグにデザイン)

before
1カ月後
3カ月後

6カ月後
1年6カ月後
2年7カ月後
施術前

2年7カ月後

Before

2年7カ月後

傷跡の約3年にわたる長期経過ですが、最初は赤くなっていますが、次第に赤色から茶色に変化していきます。数年を経過してもまだ目立たなくなっていきます。直線のリストカットの傷をジグザグに変えたことで、リストカットの傷跡のように見えなくなりました。

◆リスク・副作用・合併症

【縫合による傷跡修正】
内出血、腫脹、感染、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

case2リストカットの傷跡(右上腕線状瘢痕)の修正:植皮術

施術前

8カ月後

Before

After(8カ月後)

~この症例の経過~

腕の術前デザイン

術後3週間の腕

術後6カ月半の腕

術後8カ月の腕
術前:デザイン
3週間後
6カ月半後
8カ月後
頭部のデザイン

頭部の経過1週間後

頭部の経過2カ月後

頭部の経過6カ月半後
術前:デザイン
1週間後
2カ月後
6カ月半後

頭皮を採取した部分は髪の毛が生えて、6カ月半で大分目立たなくなりました。

◆リスク・副作用・合併症

【縫合による傷跡修正】
内出血、腫脹、感染、瘢痕形成(傷の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、修正前より目立つ、テープかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。

【植皮術】
色素沈着、感染、生着不良、壊死、二次収縮、瘢痕形成(植皮部の肥厚や陥凹など傷跡が目立つ可能性がある)、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、修正前より目立つ、創傷被覆材(植皮片の収縮予防のため)のかぶれ、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。また採皮部が頭皮の場合、毛根の損傷、脱毛、採皮部が頭皮以外の場合、瘢痕拘縮(引きつれ)、ケロイド形成、真皮縫合糸(中縫いの糸)が出てくることがある、 縫合糸膿瘍、傷が長くなる、ドッグイヤー(傷の両端が盛り上がる)、テープかぶれなどが考えられます。

※before & afterの画像は、参考画像であり効果や満足度は症例により異なりますのでご了承ください。

※ヒルズ美容クリニックWEBサイト及び関連WEBサイトに掲載されている症例写真は、当院の患者様のご厚意により掲載許可を得ています。当サイトの写真・イラスト・文章等の無断転載・引用・使用を禁じます。