神奈川県藤沢市の形成外科・美容外科・美容皮膚科 ヒルズ美容クリニック|形成外科専門医、美容外科専門医、レーザー専門医・指導医が行う傷跡修正|火傷跡・ニキビ跡・水疱瘡跡・リストカット跡などあらゆる傷跡のお悩み、身体醜形障害でお悩みの方に、傷跡修正の情報サイト

ホーム

お問合せ

自分はどの傷だろう?

もっと知りたい

Information

ホーム > 火傷の跡

自分はどの傷だろう?

火傷による跡

人間は深い火傷(真皮組織にまでおよぶ火傷)を起こせば、肉芽組織に置き換わり傷跡になります。火傷には、一般的な火傷から酸やアルカリによる科学的な火傷もあります。初期治療を誤ると傷跡になるので適切な処置が必要です。

皮膚構造

I度熱傷 II度熱傷 III度熱傷

I度熱傷

II度熱傷

III度熱傷

表皮(角質層)のみの損傷 真皮に及ぶ損傷(浅or深) 表皮と真皮全層の損傷
日焼けなどの炎症で、軽い熱感・疼痛を伴います。
皮膚に赤みが出る程度で傷跡にはなりません。数日のうちに落ち着きます。
水疱ができるレベルはII度の“浅い”熱傷です。水疱をむやみやたらに潰さず、適切に処置すれば傷跡にはなりません。しかし、II度の“深い”熱傷では治癒するまでに3~4週間かかるため傷跡になりやすく、酷い場合は引きつれを伴います。 皮膚が壊死している状態です。皮膚を移植するなど組織移植が必要になります。瘢痕やケロイドの傷跡になります。

根性焼き

根性焼き

当院には、根性焼き跡や刺青除去を目的に来院される患者様が多数来院されています。刺青はレーザーで改善されることも多いのですが、根性焼きのような傷跡になってしまっては、レーザーで綺麗になることはありません。また、レーザーで傷跡を治療しても改善することはありません。 写真の患者様は、10代に根性焼きを行ってしまい、その後、後悔し当院での治療を希望し来院されました。

根性焼き症例

直径1cm以上の瘢痕を複数みとめます。瘢痕を全て切り取るデザインで行います。当院では傷跡修正後におこなう以下の3つのケアを大切にしています。

  • ①肌色マイクロポアテープによる固定
  • ②ギプス固定
  • ③トラニラストの内服

①は傷跡治療後の基本中の基本です。傷の安静のためにテープ固定を3~6ヶ月行います。 ②はギプス固定で特に関節可動域のそばに傷がある場合に有効です。特に肘や手首などは運動により傷の安静の妨げになるのでギプスで固定します。もちろん着脱式で入浴時などは取り外してもらいます。しかし原則はつけておくとより傷は綺麗になるでしょう。傷は運動刺激によって幅が広がったり、盛り上がったりする生き物のようなものです。③はトラニラストの内服で身体の内側から傷を綺麗にします。内服することで傷の赤みやかたさの改善が図れます。 当院では傷が赤くなりやすい方や、盛り上がる方には処方しております。この3つは特に傷跡治療を行ったあとに重要視しているケアです。それでは経過をみていきましょう。

根性焼き症例

左写真は抜糸を7日目で終え術後3週間たった状態ですが、少し赤みがありますね。右写真はその1週間後で術後1ヶ月の状態です。かなり綺麗になりました。最後に施術前と施術後を確認してみましょう。

根性焼き

この状態だと一本の線(傷跡)となり根性焼きの跡だとは誰も思いません。患者様も非常に満足されていました。しかし、この1ヶ月の傷の状態をみると、経験上今後はもっと綺麗になっていくと予想されます。いかがでしたか?ギプスやテーピングをすることで、傷は安静に保たれ、より綺麗になっていきます。また、いくら若気の至りとはいえ、自ら自分の身体を火傷させるようなことはしてはいけません。

▲ページ上部へ戻る▲